気軽にキャロットラペを食卓に

最近、キャロットラペにはまっています。キャロットラペとは、細かく切ったニンジンのサラダのことで、フランスでは一般的なサラダだそうです。ニンジンはビタミンたっぷりで体に良い食材なので、毎日食事に取り入れるよう心がけています。
そのために、私は時間のある時に包丁で細かく細くニンジンをカットし、タッパーに詰めていつでもすぐ食べられるようにしています。結構日持ちするので、一回で一週間分のキャロットラペを作っておきます。
食べる時は、シンプルにレモン汁と塩だけをかけて食べています。ニンジンの自然な甘みとレモンの酸味のハーモニーがやさしく、とても美味しいです。さらに、レタスやキュウリ、茹でたインゲン豆やトマト、パプリカなど他の野菜と組み合わせて食べることもあります。その場合は、たっぷりドレッシングをかけて食べます。
さらに、サラダとして食べるだけでなく、細かく切ったニンジンを他の料理に使うこともできるので便利です。例えば、煮物や味噌汁・温うどんの具などによく利用しています。小さく切ってあるため、すぐ火が通るのでスピーディーに料理を出すことができます。
これからも毎日キャロットラペを食べ、健康な日々を過ごしていきたいと思っています。
健康とともに断捨離もやっています。
ブランディアにどんどんいらないものを送っています。
引っ越しも近いので不要品はどんどん処分していきます。